読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マヤヲのPCお時間

プログラミングや興味のあることを書いていくよ!

興味がある

1ヶ月前まで転職活動、真っ只中のマヤヲでした。どうも。

なぜにハローワークはどこも辛気臭いのでしょうか。

つい数週間前に就職したよーって手続きをしに行っていたんですよ、通称ハロワに。いつも暗い。建物のオーラが、施設内の蛍光灯のあかりが、そしてそこにいる人々が私を含め暗そ気(そんな日本語はない)。これから新しい仕事を探して素敵ライフを送るぞ!っていうのに、暗いですな。

 

もう少しハッピーな空間にできないものですかね。

中にはとても親身に相談に乗ってくれたり、親切に国のお得なサービスを教えてくれる人もいるのに。活用すればとても便利な場所なのにもったいないなぁと感じた午前中でした。が、それは置いておいて。

プログラミングのおはなし。

 

いいか、大事なことは一つだ!

1 やりたい言語は盛り沢山→HTML/CSS,Java,Rails,Swift…
2 まずはHTML/CSSメイン、Javaをサブに書籍と動画サイトで独学。そして...
3 マジかよ!すべて台無しだ。お前はすべてを台無しにする。
4 この書きかけのコードはまるでお前の人生だ。
5 色んなことを始めるが、何一つ終わらせない。
6 誰もお前のことを愛さない。

 

既出でしょうけどね。

初学者や独学する人にとって、完成までが超大事。今の私にとって「一貫して完成までを辿る」のが重要。この「一貫して」というところがただ一つの重要事項。あれもこれもと手をつけて、なに一つ完成しないまま、上記になることうけあい!

気になる気持ちを少し抑えてつつ、一つ一つものにできたらいいなと。私はプログラミング言語に興味を持っているのですが、気になる言語が多々あり…

HTML/CSS,Java,Rails,Swift,PHP,Python,Unity,JavaScript,Groovy,うにゃうにゃうにゃうにゃ。

HTML/CSSは「HTMLはマークアップ言語で、プログラミング言語じゃねーよ!」という堅気な方はどうぞスルーしてください。HTML/CSSはプログラミングへの取っ掛かりみたいなものと思っていますので、敢えて書きました。

列挙したところで、その全てが書けるようになるわけでもなんでもないんですけどね。シンプルに「面白そうだ」「気になる」というものを。

 

書きたいことは山の如し

書きたいことは両手と胸いっぱい

 

書きたいことが沢山あるはずなのに、書き始めてみるとどうも上手くいかない。という迷宮に陥っているマヤヲです。こんばんは。

 

「これがブログ初心者のラビリンスや〜!」

とアホ面で思いながら→

「せっかく作るんだしぃぃぃ、誰かに見てもらいたいぃぃぃ♡」なんて、だっせー!!誰かに見せる・見てもらうためのものじゃなく、独学状況を備忘録として使いたいだけだったじゃ〜ん!!!

と自己を罵りつつも開き直り→

「適当に書くか!」

と再度腰を据えてみたがどうも書き出せない

書いては消し、書いては消しすること2時間あまり。ネタはあるはずなのに!!何をどうまとめていいのだ!?とまさに迷宮

 

「あれ?私、文章書くの下手じゃね?」とふと気づく。私は文章を書くのは好きで、苦手でも嫌いでもない。そしてここが重要なのだが、決してうまい文章が書けるわけではなく、ましてや文才なぞ持ち合わせていない。謙虚なわけでもない。

私のTwitterフォロワー様なら既にご存知とは思うが、私のツイートはクソがつくほどつまらない。言っていることは、「すごーい!」「やったー!」などで、ほぼけものフレンズ同レベルのツイート。それを自らお世辞にも「うまい!」と言うのであれば、相当なフレンズとしか言いようがあるまい。

 

しかしながら、先にも述べたように文章を書くのが好きなはず。ネタはヤマモリ。両手に抱えるほどに!そして、筆者のこの貧乳が大いに膨らむほどに!!書きたいことを、内に秘めている!!!はず!!!!

なのに「筆が進まない現象」の到来。垂れ流しでいいなら、サクサク進むはずの筆(指)が進まない。なぜだ…

 

 

知らぬ間にトラップ発動してんじゃん!

 

導き出した答えはWeb(ブログ)に慣れ親しみすぎ。

よく目にするのは「〇〇で△△するための☆(3〜10前後)個の方法」という見出しだが、確かに見やすい。そして文章量も適度なものが多く読みやすい。書きやすそうだが、書くものの力量が試される。

 

「シンプルで、わかりやすく、かつ面白みがある」

それをクリアした記事に出会うことは稀である。

 

Webやブログに増殖を続ける「〇〇で△△するための☆個の方法」や、簡潔に纏められたブログが私の脳内にインプットされ続け、その「稀である記事」のスタイルを無意識的に自分でも書こうとしている。そんな自分に気がついてしまった。

「これはトラップだ!」

見聞きしたものを自然とその形たるよう、行動してしまうトラップが発動していたのだ。踏襲してしまうのは、慣れ親しんでいるからこそ…と。

 

 

1つで、もうよくね?

 

面倒臭がりな私は閃いた。

そうだ、1つにしよう!書きたいことがたった1つなら簡単じゃん!

すごーい!!てんさーい!!

と思ったのも束の間。世の中には「〇〇で△△するためのたった1つの方法」なんて記事は腐る程ある。適当に書くにしても、カテゴライズされた見やすい記事、共感の得られる記事、要点を踏まえた記事が好まれることは言うまでもない。

 

私はただ適当に文章を垂れ流す人間であり、文章を書く職業に就いているわけではない。そんなものは本職としているライターやブロガーに任せておけばいい。ここまでに到達すること、何週間かかったであろうか。

 

やはりと言うべきか、お前は凡才でしかないという事実を突きつけられたので、ノートPCを静かにそっと閉じることとする…

 

今後ともよしなに。

なんやかんや書く

プログラミン自学状況の備忘録として。

開始してみた。

プログラミング以外にもなんやかんやと

書いていこうかと思っているので、

お付き合いいただければ幸い。

 

初めはTumblrなるものを使用してみたが、

イマイチしっくりこず…

WordPressconcrete5などのCMSを利用しても良かったのだが、

ただ単純に文章が書ければそれでいい。

2週間弱にしてTumblrからはてブへお引越し。

 

いやぁ〜、面倒臭がりな私にははてブがちょうどいいですわ。

今後ともよしなに。